COBO COBO

ぷち死に

d0184326_16455888.jpg
「先生、最近眠りにくいんですよね。眠りは浅いしヘンな夢ばかりみるし」
「うん。まずは玉ねぎ。玉ねぎを切って、枕元に置いてね」
「・・・」
「うん。睡眠薬だす?」

漫画「動物のお医者さん」で、主人公犬チョビの具合を見ての第一声が「玉ねぎ中毒」で、周囲の人間すべてに不信のまなざしを向けられていた漆原教授っていたよね。
なんて思いながら、割とフランクに睡眠薬をいただきました。へー。

強制的に起きてダルクなったりしないだろうか。と思って聞いてみたけれど。
「ないない。ぐっすり安眠。大丈夫」と、テキトー感たっぷりに太鼓判を押されて飲んでみました。

全然大丈夫ですね。へー。
別に昏倒する感じでもなく、飲んでから電話があっても普通に30分くらい話してたし。目覚ましで起きて、普通に動けるし。
ただ、寝ている間が暗い。

生の期間を俯瞰で見れば、友禅流しみたいなものかな。と言うと美しすぎるかな。
ゆらゆらゆらゆら川の流れ、時の流れの中でゆらゆらゆらゆらゆら、時々の色彩と模様を描きながら、ゆらゆらゆらゆら伸びていく友禅または生。

それが、ブツリと切られた時間。色のない時間ができてしまうのが少し気持ち悪い。自我がないのが気持ち悪い。
眠っている時にも感じる自分のリズム、脈動がなく、あっ。死んだ。プチ死んだ。

そんなプチ死にを体感できる睡眠薬。ほどほどに便利に使わせていただきたい所存。


あと、三重県美で今週末までの「日本画大研究展」よかったです。
地味なテーマですが、おもしろく工夫してくれている。
三重県美いいですよね。いい企画展が多くて助かる。

そして何より曽我蕭白の所蔵点数が多くて助かる。
目がね、ヤバくて。目と末端を描き込みすぎてて、どうかしてる。どうかしているを堪能。

そんなこんなで、どーでもいい話。
パンと買い出しの話は別途続きます。

[PR]



by peroke | 2018-10-10 21:16 | 日々のこと | Trackback
トラックバックURL : https://cobocobo.exblog.jp/tb/27154929
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

COBO pan

自家製酵母と国産小麦のパン屋です。

●営業 木・土・日
●時間 AM11:00(仮)~PM5:00
 ※10時30分から開けています。すべての焼き上がりは11時頃です。
●住所 伊勢市船江4-24-7
●TEL 0596-28-5801
●mail cobocobo※cobopan.com
※を@に変えて下さい

●web http://www.cobopan.com

ブログパーツ

検索

ブログジャンル