人気ブログランキング |

COBO COBO

カテゴリ:日々のこと( 173 )




犬猫犬猫、ペンギン、犬猫、亀ウサギ、たまに苔

犬猫犬猫、ペンギン、犬猫、亀ウサギ、たまに苔_d0184326_17494876.jpg
私の死因は2択のような気がしてきた。
マダニ媒介SFTSか、苔に気を取られての滑落死。右手には苔。

いや、もうこのキノコ。
見て、キノコ。
キンピカ。写真じゃわかりにくいけれど、キンピカ。私には見える黄金。
傘かぶってる。傘キノコ。キノコの山。

雨に濡れる苔は美しいし、突然、キノコが生え出ているし。
この季節の山は楽しい。

苔垢こと、苔アカウント作りました。
犬猫犬猫、ペンギン、犬猫、亀ウサギ、たまに苔、で和んでいただければ幸いです。
犬猫犬猫、ペンギン、犬猫、亀ウサギ、たまに苔_d0184326_18062859.jpg
どこの苔の写真だっけ?
と、しばし考え。
ちゃうちゃう。これ、ジェノベーゼだ。
バジルを山ほどむしり取って、ジェノベーゼを作りました。
犬猫犬猫、ペンギン、犬猫、亀ウサギ、たまに苔_d0184326_18075375.jpg
オリーブオイルは通常レシピの1/3以下で。
ニンニクは迷ったけれど、やっぱり味にパンチがないので少し入れました。
これをベーグルに巻く、トップに塗ってチーズのせて焼く、もしくは生地に練りこむ。
3通り、今週は予約も少ないし、やってみよう!

が、水曜のお昼過ぎにメールチェックをしたらゴゴゴゴゴッと予約が入っていてウワワワワッとなった。
うぇーい。ありがとう。うぇーい。今週もがんばります。
犬猫犬猫、ペンギン、犬猫、亀ウサギ、たまに苔_d0184326_18140451.jpg
生産者さんが言った。「とうもろこしは時間との勝負だからね」。だったかな。
「名言いただいた!」と思って聞いていたのですが、忘れました。
要は、収穫してから速攻で茹でないと甘さが抜ける。ということを言ってみえたようです。

なるほど。
家に帰って、速攻で茹でる。
甘いね。おいしいね。季節のものは最高だね。
沢山買ったので、これからいろいろ出てきます。
今週はセミドライトマトとトウモロコシのチーズベーグル。
犬猫犬猫、ペンギン、犬猫、亀ウサギ、たまに苔_d0184326_18061834.jpg
「私は好み」をいただきました。
今までさんざん食べてもらったけれど、「うまい」を聞いたことがないような気がする。
多分あの人、ウソとかおべっかとか言えないんじゃないかと踏んでるんだが、どうなんだろう。
とにかく、ちょっと嬉しかったので、これをベースに改良していこうかと。

バターでもなく、なたね油でもなく、粉の味で。
米粉とかアーモンドプードルのバージョンも作ってみたいけれど、多分今のがいい感じ。
犬猫犬猫、ペンギン、犬猫、亀ウサギ、たまに苔_d0184326_19153334.jpg
夏フリュイ。
今週は黒生地バージョンで。

夏ですね。今週でリンゴもラストです。
パイン、マンゴ、ブルーベリー、梅、モロコシにトマト、夏ものいろいろ投入していきます。

黒チョコ、クランベリーチョコは、もうここは割り切って、冷蔵庫に入れてしまって下さい。
室温だとデロデロになります。
冷蔵だと乾燥するので、冷凍をお勧めしますが。
チョコを楽しむお菓子として、無念ではありますが。よろしくどうぞ。

今週もよろしくお願いいたします。




by peroke | 2020-06-18 16:38 | 日々のこと | Trackback

柑橘星人

柑橘星人_d0184326_16250229.jpg
苔、いいですね。
苔は、水と光合成だけで生きる。
土のない岩の上でも生きる。
究極、紙と布で作ったボール玉に巻き付けるだけでも生きる。
そのシンプルさ。

人の手を加えずとも、箱庭のような可憐な景色をつくる。
また、胞子を内包する朔が首を垂れる様。MAXミニマムガーデン。
と思えば、木漏れ日の光でユラユラゆれる緑の壁の趣。
雨の日にひときわ輝く緑の露。

cokeフォルダを作りました。コークではなく、コケです。COBO coke。
「いい朔だねー。かわいいねー」
と言いながらしゃがんで写真を撮っている間に、蛇が1匹とタヌキが3匹横を素通っていきました。
そして、見たことのない刺され跡とかあるのですが大丈夫でしょうか。
山の帰り道に買い物をしていたら肩にアリ。ナウシカのテトかと思いました。
柑橘星人_d0184326_16422035.jpg
酵母の焼き菓子が、なんだか違うなー。楽しくないなー。
と思って、しばらく苔のことしか考えていなかったのですが。
ふと、いつもと違うアイテムを使ってみたらなかなか面白かったです。
バター風味のリッチなものでもなく、なたね油のいかにも身体によさそうなものでもなく。
ウチっぽい、丁度真ん中取りの、なんちゃって健康クッキーみたいな感じ。
ものにする自信はないのですが、しばらくいろいろやってみようかと。
柑橘星人_d0184326_16131615.jpg
カリカリ梅ができましたよ。
シロップを落としてから、あんこと一緒に包みます。
あんぱんか、梅パンか、というくらいにカリカリ梅を入れようと思っています。

ベーグルは、くるみ生地にカリカリ梅と手作りぎゅうひ入り。
ベーグルは高温で長時間焼くので、カリカリではなく梅ジャムみたいになります。
よろしくどうぞ。
柑橘星人_d0184326_17485221.jpg
バジルを植えすぎました。
ワッサワッサ増えてきています。
一度丸坊主にして、ジェノベーゼ的なものを作ってみようかと思います。
ジェノベーゼベーグル。ちょっといいチーズとか使ってみたい。おしゃれ。
だけど、めちゃ高くてかわいくないヤツ。
柑橘星人_d0184326_19131890.jpg
今週は紅茶の中サイズと紅茶のベーグル2種です。
紅茶は前回同様中村コーヒーさんで買った有機のアールグレイ。
ベーグルはレモンと甘夏の柑橘マーマレードを使います。
柑橘系、自分がそれほど好んで食べるものでもなかったので「柑橘系のマーマレードおいしいよね」と言っていただいてもピンとこなかったのですが、おいしいね。
去年の夏から柑橘星人になっています。おいしいです。
よろしくどうぞ。
柑橘星人_d0184326_18000243.jpg
先週は、韓国映画面白いよね。という話から、愛知トリエンナーレーの補助金の話とか、ワシントンで起こっていることとか、ポツポツポツポツ考えたりしていました。
ただ、思考の合間合間に苔と多肉植物が割り込んできて、考えはまとまらず。
本も読まずに、苔図鑑をベットに持ち込んで眠る毎日です。
雨間の苔の美しいこと。

脳みそのクラスタの切り替えを、アナログレコードの針の置き場所を、機敏に行いたいと思う今日この頃です。
とりあえず、苔ばかりで申し訳ありません。
梅雨真っただ中の土曜、よろしくお待ちしております。




by peroke | 2020-06-10 20:54 | 日々のこと | Trackback

ほえーーー

ほえーーー_d0184326_16301336.jpg
「ご予約中心」と言いながら、先週はガッツリ店だしありました。
今週、一部生地がMAXになったのでご予約締め切り早めさせていただきましたが、店だしは沢山ある予定です。
また、土曜のお昼ごろにでもアップします。

6月から、通常営業でいこうかと思っています。
今も通常営業みたいなものですが。
ただ、当日予約は引き続きお受けしようかなと。
そうすると、開店時に少しは「密」が避けられますでしょうか。
また、検討して来週にでも。
ほえーーー_d0184326_19524641.jpg
ポテト生地のお値段、再検討しまして。
ブールが1本540円。
ハーフで270円。
デカいので、ハーフ基準で考えていただければお値打ちかと。

時間をおいて3,4回、伸ばしとパンチを繰り返して生地をつないでいくという、大変手間のかかる生地でして。
さらに、通常のホイロだと発酵籠にくっついて、見た目不細工になるという大変申し訳ないことになります。
先週から乾ホイロという形にしてみまして、バックリとかっこよくはなっていますが、まだまだ油断がなりません。
ほえーーー_d0184326_20011003.jpg
ポテト生地のごぼうチーズ、少し太めになりました。
これも、悩みに悩んで10円アップで200円で。
ポテト生地と同じ作業に、ごぼうがたくさん入っているのと。
ごぼうはささがきにしてあく抜きして、軽く天日干しにして、使用前に洗っていい感じに水分を戻す。
という、見えないメンドクササを加味して、エイヤッ!と。
ほえーーー_d0184326_09414655.jpg
豆チーズはニューフェースで330円で。
大きさはバトンの半分、実豆がたっぷりとソラマメとダイスチーズ入り。
これからしばらく出る予定です。
ほえーーー_d0184326_20085132.jpg
黒豆たきました。
丹波の黒豆。いつもより大きい。
今週の伊勢茶黒豆きなこに使おうかと思っています。
土井先生のレシピは相変わらず失敗なしです。
ほえーーー_d0184326_16335389.jpg

そして、今週はほえーーー。
白い生地はホエーのベーグルです。
レモンカッテージのご予約分で、ホエー生地分の仕込みホエーがいい感じにとれました。
レモンカッテージ、あっさりにレモン風味でなかなか爽やかなヤツです。
ほえーーー_d0184326_20134343.jpg
黒糖くるみスティックも、店だし分少しある予定です。
ミネラル。
ほえーーー_d0184326_20082974.jpg
ポテト4兄弟。バトンのお値段は据え置きです。

ホエーと伊勢茶と豆パンと、変わったものを一度に入れすぎたと後悔中。
今週はがんばります。
来週はもう6月ですよ。梅雨ですよ。
のんびり苔を愛でながら雨を楽しむ予定です。

いちごロールは、来週少し出て終わり。
桜餅あんも、あと2週くらい?
カリカリ梅が完成後、梅あんになります。
今週は、レモンマーマレードのクリームチーズありますが、来週は未定です。通常のレモンクリームチーズかどうか?検討中。

今週もよろしくお願いいたします。




by peroke | 2020-05-28 16:41 | 日々のこと | Trackback

ダイソン

ダイソン_d0184326_19582774.jpg
ご予約中心の営業、どうでしょう。
とりあえず密は避けられているのと、ご予約の方をお待たせしないのは良き点かと。

そして今週はさらに当日分が普通程度に並ぶかなという感じです。
当日ご予約のアップ、先週は12時半頃でいけました。
バタバタしていてお電話お待たせすることがあると思いますが、よろしくお願いいたします。

店だし夕方パンもいろいろあるかと。
バローやら牛虎やらベリーやらララパークやら、買い出しついでの道すがら、ちょろっと前を通っていただけると幸いです。
ダイソン_d0184326_20364268.jpg
唯一神として神がいるのであれば、きっとこういう眼をしている。
世界の理をすべて理解している。そんな目をして、ただ見ている。何もしない。
「なんだよ!なんでも見て分かっているのなら何とかしてよ!」
と思うから、唯一神はいなくていい。

八百万神の一人として奉る、光とかげ。
ガサガサガサッと逃げるでもなく、カメラを向けたら「撮りたまえ」と賢者の顔をしてにじり寄っていらした。
ダイソン_d0184326_16464949.jpg

今週は黒糖です。
沖縄産純黒糖をキャラメリゼして仕込み水に。
黒糖のキャラメリゼ、コツがわかった。気がします。
やっといい塩梅ではないかと。また黒糖を一袋ダメにしましたが。
黒糖のベーグルと、黒糖のくるみ丸パン、くるみレーズン丸パンなど。
ちなみにアグリの別館に売っています。塊のものも。とろうミネラル!
ダイソン_d0184326_21060929.jpg
大葉味噌ナスベーグル。
なかなかおもしろい。
焼きナスを多めに入れて。
焼きナスと大葉と味噌、合わないわけがない。
ナスのトロっとした食感も面白い。
ダイソン_d0184326_15422172.jpg
フレッシュバジルトマトチーズのベーグルです。
フレッシュバジルを育成中。
セミドライトマトを大量生産中。
ダイソン_d0184326_16483788.jpg
レモンクリームチーズは、しばらくレモンマーマレードタイプです。
手作りレモンマーマレード混ぜ込みタイプ。
170円でお願いします。
今週ご予約いただいている方はお知らせしていなかったので、現行お値段で。
ダイソン_d0184326_20572349.jpg
久しぶりに牛乳からカッテージチーズを作りました。
こちらも手作りレモンマーマレードと合わせてみました。
豆腐にレモンマーマレードを混ぜた味。
というと不味そうですが、おいしいです。
カッテージチーズ自体、軽い乳っぽさがあるだけのあっさり味なので、レモンマーマレードをたっぷり入れてちょうどよい感じ。
カッテージチーズをつなぎににしてレモンマーマレードを堪能していただくベーグルにしようかと。
ダイソン_d0184326_20570685.jpg
で、カッテージチーズを作ると乳清が大量に出るわけです。いわゆるホエーってヤツです。
ホエーには栄養がたっぷり含まれているらしい。
ので、ベーグルの仕込み水として試作してみました。
ベトついて扱いにくい生地。つるピカベーグルにはならないし、焼きムラもでますね。
もちもちむぎゅむぎゅ度が高くて、粉の味よりもなんというかコクのある味。
たまには面白いので、ホエーベーグルを一度出してみようかと。

ダイソン_d0184326_15531162.jpg
ポテト生地の豆チーズ、ポテトバトンの半分の大きさでいってみようかと。
また作ってみます。

相変わらずマスクが手放せない今日この頃ですが、学校が始まって若者が外に出だすと華やかでいいですね。
子供と若者のエネルギーを、ダイソン張りの吸引力でもって吸い込もうとする毎日です。
今週もよろしくお願いいたします。




by peroke | 2020-05-21 16:53 | 日々のこと | Trackback

降る

降る_d0184326_19395749.jpg
●16日、当日取り置き分多めになりそうです

●雨予報ですし、店だし分も早い目に段取りします

●先週は1時前に取り置き分アップしました

●お電話いただく → 取り分け → ブログの変更で数の確認 かつ 焼成作業 → 次のお電話対応
 と、お電話なかなか出れずにすいません。

●やっぱりヨーグルトライくるみを仕込もうかと思ったりもしています
降る_d0184326_19493919.jpg
今、山は、毛虫が降る。
漫画のように、ボタッと降ってくる。
しかし、お腹に着地するとはどういう了見だ。
お腹が一番出っ張っているということを伝えたいのか。失礼だ。

親指大のトゲトゲでウネウネの毛虫が落ちてくると、さすがに一人阿波踊り状態になる。
しかし、中には透けるような若葉色の美しい毛虫もいる。
毛虫アプリがあれば面白い。
写真を撮れば成虫を見せてくれるアプリ。

この毛虫が成虫となった時、どのような変貌を遂げるのか。
大きな捕虫網を持ったおじさんが身を潜めて待つような、そんな魅惑の蝶になったりするのだろうか。毛虫。
降る_d0184326_20145278.jpg
久しぶりに買い出しの写真など。
産直は豆エルドラドのシーズン。
ソラマメが安かった。他所でもソラマメと実豆を追加購入。

例年野菜酵母で作っていた豆チーズのデカメ、今年はポテト生地で試作してみます。
ポテト生地に、ソラマメ・実豆・ダイスチーズ、とろけるチーズもトッピングしみてようか。
ジャガイモも皮が薄そうでいい顔です。
降る_d0184326_20173804.jpg
一寸ソラマメ。
「一寸」が分からずに、マメが一寸なのか?と聞いてしまった。
鞘全体の長さが一寸。
一寸法師って結構デカい。
一寸釘も結構長い。
お安いわりに、ほっこりした実がたくさん入ったいいソラマメでした。
降る_d0184326_20191171.jpg
イタリアントマトが売っていたので、セミドライにしてみました。
少し円錐形のイタリアントマトは果肉部が多いので、セミドライにはいいですね。
降る_d0184326_20213922.jpg
レモンのマーマレードもおいしいですね。また作りました。
今週は甘さ控えめにした大麦若葉のベジクリームにレモンマーマレードをたっぷり入れます。

さて。とりあえずご予約中心営業2回目。
気温も低目で黒チョコ日和です。
当日分も沢山と、雨降りっぽいので、のんびりお待ちしております。




by peroke | 2020-05-14 16:57 | 日々のこと | Trackback

パン屋さんのひとり遊び

パン屋さんのひとり遊び_d0184326_16344676.jpg
自動的に鼻ができたー。デコに冷えピタ乗っけてるみたいになったー。くま。
あっ。女の子か。髪の毛か。
楽しいな。菓子パンの成形楽しいな。
ひとり、菓子パンを作っていました。

楽しいけれど、寂しいぞ。
鼻!鼻!鼻できた!と、誰かに伝えたかった。
ちびっ子を。どうかちびっ子を。お貸し願えないだろうか。

顔にぶつぶつあるのは多分冷蔵障害。
そんな適当な「酵母を育てる 菓子パン編」をアップしました。
パン屋さんのひとり遊び_d0184326_16320767.jpg
こんなハリネズミも、いい焼き色に焼けましたよ。
楽しいな。菓子パン。




by peroke | 2020-05-02 18:37 | 日々のこと | Trackback

GW

GW_d0184326_19141240.jpg
先週土曜、並んで待っていただく時間が割と発生しまして。
いくら屋外とはいえ、これはまずいな。1密案件だ。
と思って、急遽2日の土曜はお休みとさせていただきました。

でも、よくよく考えてみれば、パン屋さんが忙しいのはゴールデンウィーク前まででした。
これから日差しが強く雨も多くなる時期に、そうそう並んでいただくようなことはないな。

と思いましたが、まぁ安全を期して、9日からしばらくご予約中心でやってみます。
ただ、作業上、ご予約以上に作ることになります。
当日取り置き分は、前日か当日にアップすることになるかと。
残った分は店だしで、2時半頃に並べる格好になるかなと。

1時か、1時半頃からご予約分引き取りで。
2時半頃までは半開きのシャッター少し上げて、少し下げて下さい。
になるのか。。。

様子見ぃ見ぃで、しばらくやってみます。
いつもの、迷った時は真ん中をとるやり方で。
様子見ぃ見ぃで、大丈夫そうなら月末とか6月からとか、なんとなくヌルッといつも通りにやっていけたらと思っています。
お付き合い願えれば幸いです。
GW_d0184326_19354696.jpg
パンのメニュー、ブログのカテゴリにアップしました。
値段は変更になることが多いので、とりあえず写真だけ。

ネットおばちゃんとしましては、パソコン画面のデカさ、ブログとメールのほどよいゆったり感と距離感が性に合うのですが。
久しぶりにスマホで自分のブログをみたら、広告が鬱陶しい事うっとうしい事。
スマホユーザーの方にはご面倒おかけします。
GW_d0184326_19465648.jpg
酵母キャンペーン、一緒に遊んでいただいてありがとうございます。
すごくないですか?
また写真をお借りしましたが、こんなにブクブクに発酵していただきましたよ。
このブクブクはなかなかないブクブクだ。酵母が激しく元気です。
GW_d0184326_19500113.jpg
手ごねでこんなパンも作ってもらいましたよ。
すごいです。
すごいなーと思って、アップするつもりのなかった「酵母を育てる 菓子パン編」も写真を撮っています。

「酵母を育てる」のエキス編と生種編は、あれ、オタクが推しについてテンション高く語っているようなものになってしまった。。
と反省しました。
語りすぎて、説明多すぎて、酵母のハードル逆に高くしてまった。
。。。あれでも全然語り足らないわけですが。
まぁでも、わけのわからないものにはまって語っている人の話って面白くないですか?筋肉の話とか。
「へーーーーー。そんな世界があるんだー。おもしろーい」程度にでも、楽しんでいただければ幸いです。

パン作りについてはオタク度が低いので、というのもありますが、家庭用の機器で試行錯誤されているレシピの方が参考になるような気がします。
一応、菓子パン編もアップしようかな。と思ってはいます。
GW_d0184326_19590064.jpg
あと、個人的に提供できる時間潰しレシピは、柑橘系マーマレード作りです。
これはいつも言っていますが、「皮が柔らかくなったら」処理。
これだけ守ればどんな作り方でも遠くに苦みを感じる、いい塩梅のマーマレードになります。

中の白いワタが苦みの原因。いや、外側に苦みの元がある。などなど。
そんなこと言ったらマーマレードにするところがなくなるじゃん!きぃーーーーー!

となっていたところで見つけたレシピです。
と、ページをご紹介しようと思ったのですが、、、まるで検索できない。
GW_d0184326_20172163.jpg
とにかく、皮が柔らかくなるまでまつ(レモンは特に!苦くなりやすい!)
1.皮と実にわける
2.皮はできるだけ薄くスライス(スライサー使ってます)
3.皮をひたひたの水に入れてもみ洗い、水を変えて3回
4.よくしぼってから、水につけて3時間ほど(適当)
5.再度しぼって、皮と実をレンチン20分ほど
(この辺、皮を柔らかくする作業、レモンの時は水を入れたり、はっさく系の時は飛ばしたり、適当)
6.鍋にレンチンした皮と実とお好みの量の砂糖を入れて、弱火でとろみがついたら出来上がり
GW_d0184326_20265375.jpg
酵母キャンペーンは引き続き実施中です。
お声かけ下さい。

9日の予定は、2日の土曜か3日の日曜にアップ予定です。
それでは、まったりな良きゴールデンウィークであることを。




by peroke | 2020-05-01 20:43 | 日々のこと | Trackback

排出#02

排出#02_d0184326_19521596.jpg
不安や悲しみに飲み込まれそうになったなら、水面から顔を出し、くだらない世界の風に吹かれてみる。

ネガティブ方面の意識世界は、三層構造になっていると思うのです。
一層目が湖。ユラユラと藻が揺れ、色鮮やかな魚が泳ぐ水中。でも息はしづらい。
二層目が沼。ドロドロと足を引っ張られ、重くしんどい。
三層目がタール。ねばねばと身体にまとわりつく。自由に動けない。

不安や悲しみは視野を狭くして自分の中の湖で思考が回転する。海遊館。同じところをグルグルグルグル。
一層目の危険は、そこが、人によっては居心地よく感じられる場所であること。
自分の世界に浸って同じことを考えていればいい。楽だ。
息がしづらいのも一つのエクスタシー。
「息ができない。辛い辛い」と言いながら、そこを抜けようとしないのはその場所に居ることが幸福だから。
悲劇のヒロイン症候群。
そこが好きなら居ればいい。

沼に足をとられたら自分一人では抜け出せない。
とにかく叫ぶ。助けを求める。助けを借りながら、ゆっくりゆっくり足を引き抜いていく。

タールは知らない。
赤木俊夫さんはどんな気持ちで自死を選んだのかと思いながら再調査の署名をした。

去年のちょうど今頃、とある告別式に出席した。
僧侶のいい声の読経、すすり泣きの声、そんな中、後ろの席のちびっ子が「おかぁさん、うんこ。でたー」と言った。
はじめ、耳を素通りしていた言葉が、ふと意識の上に降りた。水面に顔が出た瞬間である。
瞬時に、「いや、でたんかいっ!でる予告じゃなくて、でたんかいっ!」心の中で総突っ込みを入れていた。
人間は何があってもうんこはでるしおならもでる。
真顔で生きているのがバカバカしいほどに人間はただの生き物で世界はくだらない。




by peroke | 2020-03-30 20:45 | 日々のこと | Trackback

デビルマンのラストが怖い

中止になったライブ、有料配信してくれないだろうか。
先日の打首獄門同好会ライブのクオリティなら余裕でお金を払って観たい。

そもそも、おっちゃんおばちゃんは若い子のライブに行きにくくないですか?
姪っ子が「クリープハイプのライブに行くっ!」と言っていたのを、さすがにあのノリはおばちゃんには無理。と、指をくわえて羨ましがっていました。
中年世代に限らず、「音楽は好きだけれどライブのノリが無理。」という若い子も多いはず。自意識が過剰すぎて昔は自分も無理だった。

エレカシの宮本さんのソロライブだったら、パソコンの前で正座して待つ。正座して凝視傾聴する。
レキシの池ちゃんのライブなら、光る稲穂を持って待機する。叫ぶ「たかゆかしーきー!」
King Gnuのライブなら、ワクワクしかない。踊る。
東京事変のライブなら、クオリティが高いに決まっている。ほほぉーーーーってなる。ほほぉー。

そもそもチケットがとれないライブを、お金を出せば誰でも見れるのだから、こんなハッピーなことはない。
なんとかならないだろうか。

その点舞台はなんとかならないだろうか。
足音、息遣い、人間が動いて演じている肌感。あの独特の場のエネルギーは生でしか難しそうだ。

---
尾崎豊が「夜の校舎 窓ガラス壊してまわった」時代。
生徒以上にイカレタ先生の存在も珍しくなかった。

細身の眼鏡をかけた男性教諭。理科の先生だったか。
授業中、とある女子生徒が注意をうける。
黒板の前に正座させられ、常軌を逸した風に教科書でバシバシ彼女を叩き叫ぶ。
「何やってんだ?!この人?」椅子に座りつつもフツフツフツフツ頭の中が沸騰する。でも立ち上がりはしない。声はあげない。
そして、チャイムが鳴ると何事もなかったかのように動き出す教室。

あの時、「先生、それはおかしくないですか?」と声をあげる生徒はいなかったけれど、きっと叫ぶことのできる人間はいる。
自分はそれができる人間ではない。
落胆か、諦念か、中学生の心に黒い石が置かれた。
---

そもそも「人は何故トイレットペーパーを買い求めるか」が出発点。
そこから「自分は何故トイレットペーパーを買い求める人に対してテンション高く批判するか」に至る。
さらには「腸内フローラ」に帰着する。
突然の諸々2週間自粛が発表されてからの思考の展開。

●「人は何故トイレットペーパーを買い求めるか」
については荻上チキさんが分かりやすくまとめてくれていた。
---
<自分は噂を信じるわけではないけど、信じた第三者は愚かな行動をとるだろう。それを踏まえて行動しよう>という認知が、実際には「噂を信じた人」と「噂から距離を取っている人」とを、同じ行動に導くという。
---
実際、カラになっているドラッグストアの棚をみると不安になる。
小さいお子さんをお持ちのお母さんが不安になってデマと分かっていてもトイレットペーパーを買い求める気持ちは理解できる。
その不安がひとつ。

もうひとつは「でなければならない」問題。
お尻はトイレットペーパーでふかなければならない。
そんなことはない。
ウチの母は「トイレットペーパーなんかなければ新聞紙をもんでふけばいい」と言う。
インドネシア在住経験のある人間は「インドネシアではふかない」と男前に言い切った。
なんならウォッシュレットという文明のリキもあるところにはある。

「でなければならない」は視野狭窄を招いて自分を縛る。
「でなければならない」に縛られると身動きがとれなくなって、自分が苦しくなるだけだ。
「親の介護はしなければならない」「冠婚葬祭は欠いてはいけない」「大人・子供・男・女、、らしくあるべきだ」他もろもろ。
頼れる機関があればとことん頼ればいい。世間のしきたりやらなにやらを欠いたとて関係のない人間がとやかく言うだけだ。ゲーム好き大人でいい。漫画好き大人でいい。環境問題を公に語る子供であってもいい。
他者への優しさと想像力をもつことを前提に、自分が生きやすいように生きればいい。

「いつも心に野村佐知代を」。西原先生の金言。
そんなサッチーも、どれだけ野村克也氏に愛されていたか。
億の投げつけられる煩わしい言葉よりも、一人の気持ちを得ることのできる尊さ。サッチーが羨ましくもある。
思考はあちらこちらと脱線する。

●「自分は何故トイレットペーパーを買い求める人に対してテンション高く批判するか」
あれ?と思った。
あさイチでカルディに材料を買いに行き、ふとマスクないかな?とココカラファインをのぞいてみたら大勢の人がトイレットペーパーとティッシュペーパーを抱えてレジに並んでいる。
「何やってんねん?!」とバカバカしく思う。
その後もトイレットぺーバーとティッシュを持っている人を見かけるごとに「何やってんねん?!」とテンション高めに思う。
なんならその姿を目で探していたかもしれない。探していたのだろう。
2,3日続いて、あれ?と思う。
この感覚、身障者用駐車場に普通の車が停まっている時に感じる憤りに似ている。

「正義の振りかざし」と「いじめの快楽」と「自分だけずるい!」

同じ頃「人の本性は困難な時と正義を手に入れた時に現れる」とtwitterに流れてきていて、なるほど。と思う。
人は100%の正義を手に入れた時、徹底的に相対するものを叩くことがある。
「正義は振りかざした瞬間に悪になる」と、昔ラジオで言っていた。

例えば不倫騒動。
「不倫!ダメ!絶対!」のこの世の中、テレビの外側の人間は100%の正義を手に入れているわけだ。
その正義を振りかざして、叩く。完全なる安全圏でお茶を飲みながら叩く。
分かりやすく叩きやすいところを、徹底的に叩く。
テレビの向こう側の人間は叩いても壊れないものだと、サンドバックのように叩く。
太田光氏が言っていたらしい。「いじめで楽しんでいる」自覚を持つべきだ。と。

KANA-BOONのギターの古賀くんを、残りの3人のメンバーでいじるトークが好きだった。
でも今は3人組バンドになってしまった。悲しい。
荻上チキさんは「未来めがね」の本の中で重めの鬱を患っていること、映画「ジョーカー」について、自も「失笑恐怖症」になっていることを語っていた。しんどい。

「正義は他者を叩いてもいいという免罪符ではない」ということと「自分はマウントとりたがりのいじめたがりである」ということと「ずるい」気持ちがまんまんであること。
だから、人がズルをしていると過剰反応して「私も本当はズルしたいのを我慢しているのにズルい!」となること。
それらを時々確認したほうがいい。自分の話。
そう。自分の話。あれはそう、鼓笛隊の帽子を無くした時、、、ずるずるずるずる引きずり出てくる人に言えない笑えない小ずるい過去。

●ビオフェルミンS錠剤
近頃お腹の調子が悪く、ビオフェルミンS錠剤を続けて飲んだらよくなった。
「ビオフェルミンS錠剤とはなんぞや?」
と思って調べてみたら、どうやら腸内フローラを整えてくれるものらしい。
腸内にはお花畑があって、そこには性悪な悪玉菌と性善な善玉菌、あと優勢の菌に従う日和見菌の3種が暮らしている。
「悪玉菌より善玉菌が多い腸内フローラに整えてくれる」のがビオフェルミンだ。

もうどのくらい前からかはわからないくらい怯えていることがある。
デビルマンのラストのシーン、熱狂する群衆の中の一人は確実に自分だ。
日和見菌の恐怖。
「あいつが悪いヤツだ。やっつけろ!おー!」「困難な時こそ一致団結!えいえいおー!」
正義を振りかざした声の大きな人間に諾々と追従する日和見菌。
そんな日がこないことを震えながら祈るのみの日和見菌。
要は、群衆心理への恐怖か。

ヒトラーに敬礼する群衆の写真。その中、一人腕を組み前を見つめる男性がいる。その一人にはなれない。
韓国映画「1987 ある戦いの真実」の中、拷問を受けても戦っていた男性にはなれない。
「先生、それはおかしくないですか?」と声をあげる人間にはなれない。
だから今、怯えています。

今、トイレットぺーバーを買い占める人を糾弾するのではなく、もっと本質を、この現状について本質的な問題を問える人がいた。
善玉菌の人がいる。と思った。

---
そんなこんななガチャガチャの脳みそでキッチンペーパーを買いに行ったら、ない。
「トイレットペーパー、ティッシュペーパー、キッチンペーパー」ペーパー3種総崩れ。
一瞬で「たいがいにせいよおいっ!」と頭の中でブチギレる。
正義も腸内フローラも瞬殺。だって人間だもの。
とか便利な言葉を使ってみたり。
もうこうなったら林家連れてこいよ。林家ペーパー。とか。
おやじギャクに逃げてみたり。

でも安心してください。別のお店に行ってみたらありましたから、山盛り。ティッシュとキッチンペーパー。
トイレットペーパーも近いうちにだぶついてくるでしょう。ほぼ国内生産で通常生産されているのだから。無問題。

頭の中が字数制限オーバーフロー気味だったので、一旦排出。
最後までお付き合いいただけた方がありましたら、ありがとうございます。


次回、パンのお話。
クララが立った時のハイジばりに喜んだ「ヨーグルトライのエッジが立った」の話です。




by peroke | 2020-03-11 16:24 | 日々のこと | Trackback

Discovery

9月頃から営業の予定でしたが、しばらくお休み中です。
お待ちいただいていたお客様には大変申し訳ありません。

12月、14日(土)・21日(土)あたり、シュトーレンとスティック3種を焼く予定でいます。
一緒に栗や紅玉のベーグルやら黒チョコやらキャラメルナッツやら、パンも少しだせたらなと検討中です。
とりあえず、12月1週目くらいには予定がだせたらいいなと。未だ、未定の予定ですが。ひとつ。
---
 Discovery_d0184326_20295328.jpg
風が頬を撫でるに任せて視線を動かす。
群生するススキが一斉に、空に向かってサラサラと筆を走らせ雲を描いている。
秋はいいですね。おばちゃんもポエジーになる季節。

「昭和枯れすすき」、ご存知ないですか?
「15,16,17とー。わたしの人生くらかったー」という歌。
「そこ、サビなん!?」と言われましたが。サビです。

「チコタン」の合唱曲も忘れることができないですよね。
「チコタン 死んだ」「ダンプにひかれてチコタン死んだ」
これを小学生が、テンポアップして歌っていくのが怖いですよね。

井戸の穴、どっぽん式のトイレ、光の届かない床の間のある部屋。
すぐ隣に闇があった昭和。
現国の時間、ツラツラ読んだ谷崎潤一郎の「陰翳礼賛」の羊羹のくだり。釘付けになった。深いな羊羹。いや。陰翳がか。谷崎か。

どっぽん式のトイレと言えば、もうひと昔前、母の時代には肥溜めが道端にあったそうな。
誰もが一度は落ちたことがあったそうな。
ほんの5,60年前の話だ。
人間の本質はまるで変化しないのに、とりまく世界の変化がめまぐるしい。
これから5,60年後、やはり首にはICチップとか埋め込まれているのだろうか。
それともあれか。
ヨーロッパ企画の舞台「きてけつかるべき新世界」みたく、大阪のおっちゃんおばちゃんはやっぱり大阪のおっちゃんおばちゃんで、テクノロジーにケチをつけながら串揚げを食べていたりするのだろうか。

近頃「ヨーロッパ企画の暗い旅」ばかりを観ています。
そろそろDVDを買ったほうがいいのではないかと思いながら。
寝る前に見るといい感じにチカラが抜けます。さすがに深夜枠。「やっぱり猫が好き」とか。あんな感じです。
 Discovery_d0184326_20231107.jpg
かわいいねー。クッキー。
メロン皮、さすがに使っちゃわないとね。と、クッキーにして焼いてみました。
甘くてかたいけど、うまい。
 Discovery_d0184326_20245151.jpg
おいしいね。酵母で膨らむスコーン。
これが、ちょっといわゆる「沼」っぽい。

レーズン酵母で作ったけれど、ふっくらしすぎてパンっぽい。それはそうだ。元種が強力粉だ。
なら、ごはん酵母か。あれは独特の香りがあるがどうか。
なら、野菜酵母か。あれは封印しようと思っていたけれど、まぁ試すだけ試すか。

というか、そもそも粉か。
三重県産アヤヒカリ。薄力表示だけれどあれは中力粉だ。饂飩だ。うどんは作らん。
なら、やはり北海道産のクーヘンか。ドルチェか。

これはあれですね。先が長そうです。気長にいこう。
 Discovery_d0184326_20351595.jpg
目覚めると同時くらいに、パンと牛乳を胃の中に流し込みます。
スーパーで買うパンって、結局いつもレーズンパンになるんですね。
レーズンが足りん!

レーズンを練りこんで、2重に巻き込んで、大きな型で焼きました。
スーパーで売っているレーズンの、大体1袋分。
ちょっと元気のない酵母で焼いてしまったので、また焼こう。
 Discovery_d0184326_20413568.jpg

パンは、材料を考えれば出来上がりの予測が大体つくのですが。
いかんせん。お菓子は自分の中の引き出しが少なすぎる。
とりあえず、キャラメルを入れるとなんでも美味くなる。
という発見はありました。

そんな発見の日々でもあります。また。




by peroke | 2019-11-18 21:03 | 日々のこと | Trackback
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

COBO pan

自家製酵母と国産小麦のパン屋です。

●営業 土
●時間 現在変則営業中
●住所 伊勢市船江4-24-7
●TEL 0596-28-5801
●mail cobocobo※cobopan.com
※を@に変えて下さい

●web http://www.cobopan.com