人気ブログランキング |

COBO COBO

カテゴリ:日々のこと( 166 )




排出#02

排出#02_d0184326_19521596.jpg
不安や悲しみに飲み込まれそうになったなら、水面から顔を出し、くだらない世界の風に吹かれてみる。

ネガティブ方面の意識世界は、三層構造になっていると思うのです。
一層目が湖。ユラユラと藻が揺れ、色鮮やかな魚が泳ぐ水中。でも息はしづらい。
二層目が沼。ドロドロと足を引っ張られ、重くしんどい。
三層目がタール。ねばねばと身体にまとわりつく。自由に動けない。

不安や悲しみは視野を狭くして自分の中の湖で思考が回転する。海遊館。同じところをグルグルグルグル。
一層目の危険は、そこが、人によっては居心地よく感じられる場所であること。
自分の世界に浸って同じことを考えていればいい。楽だ。
息がしづらいのも一つのエクスタシー。
「息ができない。辛い辛い」と言いながら、そこを抜けようとしないのはその場所に居ることが幸福だから。
悲劇のヒロイン症候群。
そこが好きなら居ればいい。

沼に足をとられたら自分一人では抜け出せない。
とにかく叫ぶ。助けを求める。助けを借りながら、ゆっくりゆっくり足を引き抜いていく。

タールは知らない。
赤木俊夫さんはどんな気持ちで自死を選んだのかと思いながら再調査の署名をした。

去年のちょうど今頃、とある告別式に出席した。
僧侶のいい声の読経、すすり泣きの声、そんな中、後ろの席のちびっ子が「おかぁさん、うんこ。でたー」と言った。
はじめ、耳を素通りしていた言葉が、ふと意識の上に降りた。水面に顔が出た瞬間である。
瞬時に、「いや、でたんかいっ!でる予告じゃなくて、でたんかいっ!」心の中で総突っ込みを入れていた。
人間は何があってもうんこはでるしおならもでる。
真顔で生きているのがバカバカしいほどに人間はただの生き物で世界はくだらない。




by peroke | 2020-03-30 20:45 | 日々のこと | Trackback

デビルマンのラストが怖い

中止になったライブ、有料配信してくれないだろうか。
先日の打首獄門同好会ライブのクオリティなら余裕でお金を払って観たい。

そもそも、おっちゃんおばちゃんは若い子のライブに行きにくくないですか?
姪っ子が「クリープハイプのライブに行くっ!」と言っていたのを、さすがにあのノリはおばちゃんには無理。と、指をくわえて羨ましがっていました。
中年世代に限らず、「音楽は好きだけれどライブのノリが無理。」という若い子も多いはず。自意識が過剰すぎて昔は自分も無理だった。

エレカシの宮本さんのソロライブだったら、パソコンの前で正座して待つ。正座して凝視傾聴する。
レキシの池ちゃんのライブなら、光る稲穂を持って待機する。叫ぶ「たかゆかしーきー!」
King Gnuのライブなら、ワクワクしかない。踊る。
東京事変のライブなら、クオリティが高いに決まっている。ほほぉーーーーってなる。ほほぉー。

そもそもチケットがとれないライブを、お金を出せば誰でも見れるのだから、こんなハッピーなことはない。
なんとかならないだろうか。

その点舞台はなんとかならないだろうか。
足音、息遣い、人間が動いて演じている肌感。あの独特の場のエネルギーは生でしか難しそうだ。

---
尾崎豊が「夜の校舎 窓ガラス壊してまわった」時代。
生徒以上にイカレタ先生の存在も珍しくなかった。

細身の眼鏡をかけた男性教諭。理科の先生だったか。
授業中、とある女子生徒が注意をうける。
黒板の前に正座させられ、常軌を逸した風に教科書でバシバシ彼女を叩き叫ぶ。
「何やってんだ?!この人?」椅子に座りつつもフツフツフツフツ頭の中が沸騰する。でも立ち上がりはしない。声はあげない。
そして、チャイムが鳴ると何事もなかったかのように動き出す教室。

あの時、「先生、それはおかしくないですか?」と声をあげる生徒はいなかったけれど、きっと叫ぶことのできる人間はいる。
自分はそれができる人間ではない。
落胆か、諦念か、中学生の心に黒い石が置かれた。
---

そもそも「人は何故トイレットペーパーを買い求めるか」が出発点。
そこから「自分は何故トイレットペーパーを買い求める人に対してテンション高く批判するか」に至る。
さらには「腸内フローラ」に帰着する。
突然の諸々2週間自粛が発表されてからの思考の展開。

●「人は何故トイレットペーパーを買い求めるか」
については荻上チキさんが分かりやすくまとめてくれていた。
---
<自分は噂を信じるわけではないけど、信じた第三者は愚かな行動をとるだろう。それを踏まえて行動しよう>という認知が、実際には「噂を信じた人」と「噂から距離を取っている人」とを、同じ行動に導くという。
---
実際、カラになっているドラッグストアの棚をみると不安になる。
小さいお子さんをお持ちのお母さんが不安になってデマと分かっていてもトイレットペーパーを買い求める気持ちは理解できる。
その不安がひとつ。

もうひとつは「でなければならない」問題。
お尻はトイレットペーパーでふかなければならない。
そんなことはない。
ウチの母は「トイレットペーパーなんかなければ新聞紙をもんでふけばいい」と言う。
インドネシア在住経験のある人間は「インドネシアではふかない」と男前に言い切った。
なんならウォッシュレットという文明のリキもあるところにはある。

「でなければならない」は視野狭窄を招いて自分を縛る。
「でなければならない」に縛られると身動きがとれなくなって、自分が苦しくなるだけだ。
「親の介護はしなければならない」「冠婚葬祭は欠いてはいけない」「大人・子供・男・女、、らしくあるべきだ」他もろもろ。
頼れる機関があればとことん頼ればいい。世間のしきたりやらなにやらを欠いたとて関係のない人間がとやかく言うだけだ。ゲーム好き大人でいい。漫画好き大人でいい。環境問題を公に語る子供であってもいい。
他者への優しさと想像力をもつことを前提に、自分が生きやすいように生きればいい。

「いつも心に野村佐知代を」。西原先生の金言。
そんなサッチーも、どれだけ野村克也氏に愛されていたか。
億の投げつけられる煩わしい言葉よりも、一人の気持ちを得ることのできる尊さ。サッチーが羨ましくもある。
思考はあちらこちらと脱線する。

●「自分は何故トイレットペーパーを買い求める人に対してテンション高く批判するか」
あれ?と思った。
あさイチでカルディに材料を買いに行き、ふとマスクないかな?とココカラファインをのぞいてみたら大勢の人がトイレットペーパーとティッシュペーパーを抱えてレジに並んでいる。
「何やってんねん?!」とバカバカしく思う。
その後もトイレットぺーバーとティッシュを持っている人を見かけるごとに「何やってんねん?!」とテンション高めに思う。
なんならその姿を目で探していたかもしれない。探していたのだろう。
2,3日続いて、あれ?と思う。
この感覚、身障者用駐車場に普通の車が停まっている時に感じる憤りに似ている。

「正義の振りかざし」と「いじめの快楽」と「自分だけずるい!」

同じ頃「人の本性は困難な時と正義を手に入れた時に現れる」とtwitterに流れてきていて、なるほど。と思う。
人は100%の正義を手に入れた時、徹底的に相対するものを叩くことがある。
「正義は振りかざした瞬間に悪になる」と、昔ラジオで言っていた。

例えば不倫騒動。
「不倫!ダメ!絶対!」のこの世の中、テレビの外側の人間は100%の正義を手に入れているわけだ。
その正義を振りかざして、叩く。完全なる安全圏でお茶を飲みながら叩く。
分かりやすく叩きやすいところを、徹底的に叩く。
テレビの向こう側の人間は叩いても壊れないものだと、サンドバックのように叩く。
太田光氏が言っていたらしい。「いじめで楽しんでいる」自覚を持つべきだ。と。

KANA-BOONのギターの古賀くんを、残りの3人のメンバーでいじるトークが好きだった。
でも今は3人組バンドになってしまった。悲しい。
荻上チキさんは「未来めがね」の本の中で重めの鬱を患っていること、映画「ジョーカー」について、自も「失笑恐怖症」になっていることを語っていた。しんどい。

「正義は他者を叩いてもいいという免罪符ではない」ということと「自分はマウントとりたがりのいじめたがりである」ということと「ずるい」気持ちがまんまんであること。
だから、人がズルをしていると過剰反応して「私も本当はズルしたいのを我慢しているのにズルい!」となること。
それらを時々確認したほうがいい。自分の話。
そう。自分の話。あれはそう、鼓笛隊の帽子を無くした時、、、ずるずるずるずる引きずり出てくる人に言えない笑えない小ずるい過去。

●ビオフェルミンS錠剤
近頃お腹の調子が悪く、ビオフェルミンS錠剤を続けて飲んだらよくなった。
「ビオフェルミンS錠剤とはなんぞや?」
と思って調べてみたら、どうやら腸内フローラを整えてくれるものらしい。
腸内にはお花畑があって、そこには性悪な悪玉菌と性善な善玉菌、あと優勢の菌に従う日和見菌の3種が暮らしている。
「悪玉菌より善玉菌が多い腸内フローラに整えてくれる」のがビオフェルミンだ。

もうどのくらい前からかはわからないくらい怯えていることがある。
デビルマンのラストのシーン、熱狂する群衆の中の一人は確実に自分だ。
日和見菌の恐怖。
「あいつが悪いヤツだ。やっつけろ!おー!」「困難な時こそ一致団結!えいえいおー!」
正義を振りかざした声の大きな人間に諾々と追従する日和見菌。
そんな日がこないことを震えながら祈るのみの日和見菌。
要は、群衆心理への恐怖か。

ヒトラーに敬礼する群衆の写真。その中、一人腕を組み前を見つめる男性がいる。その一人にはなれない。
韓国映画「1987 ある戦いの真実」の中、拷問を受けても戦っていた男性にはなれない。
「先生、それはおかしくないですか?」と声をあげる人間にはなれない。
だから今、怯えています。

今、トイレットぺーバーを買い占める人を糾弾するのではなく、もっと本質を、この現状について本質的な問題を問える人がいた。
善玉菌の人がいる。と思った。

---
そんなこんななガチャガチャの脳みそでキッチンペーパーを買いに行ったら、ない。
「トイレットペーパー、ティッシュペーパー、キッチンペーパー」ペーパー3種総崩れ。
一瞬で「たいがいにせいよおいっ!」と頭の中でブチギレる。
正義も腸内フローラも瞬殺。だって人間だもの。
とか便利な言葉を使ってみたり。
もうこうなったら林家連れてこいよ。林家ペーパー。とか。
おやじギャクに逃げてみたり。

でも安心してください。別のお店に行ってみたらありましたから、山盛り。ティッシュとキッチンペーパー。
トイレットペーパーも近いうちにだぶついてくるでしょう。ほぼ国内生産で通常生産されているのだから。無問題。

頭の中が字数制限オーバーフロー気味だったので、一旦排出。
最後までお付き合いいただけた方がありましたら、ありがとうございます。


次回、パンのお話。
クララが立った時のハイジばりに喜んだ「ヨーグルトライのエッジが立った」の話です。




by peroke | 2020-03-11 16:24 | 日々のこと | Trackback

Discovery

9月頃から営業の予定でしたが、しばらくお休み中です。
お待ちいただいていたお客様には大変申し訳ありません。

12月、14日(土)・21日(土)あたり、シュトーレンとスティック3種を焼く予定でいます。
一緒に栗や紅玉のベーグルやら黒チョコやらキャラメルナッツやら、パンも少しだせたらなと検討中です。
とりあえず、12月1週目くらいには予定がだせたらいいなと。未だ、未定の予定ですが。ひとつ。
---
 Discovery_d0184326_20295328.jpg
風が頬を撫でるに任せて視線を動かす。
群生するススキが一斉に、空に向かってサラサラと筆を走らせ雲を描いている。
秋はいいですね。おばちゃんもポエジーになる季節。

「昭和枯れすすき」、ご存知ないですか?
「15,16,17とー。わたしの人生くらかったー」という歌。
「そこ、サビなん!?」と言われましたが。サビです。

「チコタン」の合唱曲も忘れることができないですよね。
「チコタン 死んだ」「ダンプにひかれてチコタン死んだ」
これを小学生が、テンポアップして歌っていくのが怖いですよね。

井戸の穴、どっぽん式のトイレ、光の届かない床の間のある部屋。
すぐ隣に闇があった昭和。
現国の時間、ツラツラ読んだ谷崎潤一郎の「陰翳礼賛」の羊羹のくだり。釘付けになった。深いな羊羹。いや。陰翳がか。谷崎か。

どっぽん式のトイレと言えば、もうひと昔前、母の時代には肥溜めが道端にあったそうな。
誰もが一度は落ちたことがあったそうな。
ほんの5,60年前の話だ。
人間の本質はまるで変化しないのに、とりまく世界の変化がめまぐるしい。
これから5,60年後、やはり首にはICチップとか埋め込まれているのだろうか。
それともあれか。
ヨーロッパ企画の舞台「きてけつかるべき新世界」みたく、大阪のおっちゃんおばちゃんはやっぱり大阪のおっちゃんおばちゃんで、テクノロジーにケチをつけながら串揚げを食べていたりするのだろうか。

近頃「ヨーロッパ企画の暗い旅」ばかりを観ています。
そろそろDVDを買ったほうがいいのではないかと思いながら。
寝る前に見るといい感じにチカラが抜けます。さすがに深夜枠。「やっぱり猫が好き」とか。あんな感じです。
 Discovery_d0184326_20231107.jpg
かわいいねー。クッキー。
メロン皮、さすがに使っちゃわないとね。と、クッキーにして焼いてみました。
甘くてかたいけど、うまい。
 Discovery_d0184326_20245151.jpg
おいしいね。酵母で膨らむスコーン。
これが、ちょっといわゆる「沼」っぽい。

レーズン酵母で作ったけれど、ふっくらしすぎてパンっぽい。それはそうだ。元種が強力粉だ。
なら、ごはん酵母か。あれは独特の香りがあるがどうか。
なら、野菜酵母か。あれは封印しようと思っていたけれど、まぁ試すだけ試すか。

というか、そもそも粉か。
三重県産アヤヒカリ。薄力表示だけれどあれは中力粉だ。饂飩だ。うどんは作らん。
なら、やはり北海道産のクーヘンか。ドルチェか。

これはあれですね。先が長そうです。気長にいこう。
 Discovery_d0184326_20351595.jpg
目覚めると同時くらいに、パンと牛乳を胃の中に流し込みます。
スーパーで買うパンって、結局いつもレーズンパンになるんですね。
レーズンが足りん!

レーズンを練りこんで、2重に巻き込んで、大きな型で焼きました。
スーパーで売っているレーズンの、大体1袋分。
ちょっと元気のない酵母で焼いてしまったので、また焼こう。
 Discovery_d0184326_20413568.jpg

パンは、材料を考えれば出来上がりの予測が大体つくのですが。
いかんせん。お菓子は自分の中の引き出しが少なすぎる。
とりあえず、キャラメルを入れるとなんでも美味くなる。
という発見はありました。

そんな発見の日々でもあります。また。




by peroke | 2019-11-18 21:03 | 日々のこと | Trackback

なんだな

なんだな_d0184326_13552444.jpg
来週の酵母のこととか、来週の銀行の営業ってどうなってんだ?とか、先のことをちょいちょい心配しながら生きています。
その、ちょいちょいの先にある「死」を意識しだすお年頃なんだな。
ただ、それを心配しだすときりがないので、どんなもんかと予想しつつ、ゆるゆるとやっていければいいのだが。
教えてもらった「死体のポーズ」で死にながら思う午後です。
そう言うと「死体は思わないから」ときっと怒られます。

とにかく今週を乗り切って、来週こそはマイペースをとりもどそうと黄金の週間に期待しています。
黄金週間、いかがお過ごしの予定ですか?
なんだな_d0184326_13591769.jpg
できました。全粒シード。
全粒粉100にかぼちゃのタネ、ひまわりの種、クコの実、松の実、押し麦、オートミールをトッピング。
松の実はものすごく高価なので、当たればラッキーくらいの量です。おいしいんですけどね。
とりあえず1本560円、ハーフで280円。ちょっとまだ検討中で変更の可能性あります。
今週は土曜のみで、来週もどこかで入れると思います。

翌日のほうが味がなじんでおいしい気がします。
土曜焼きを日曜受け取りでもOKになります。多分来週。
個人的はぷちぷち食感が大好きですが、まぁ大好きなものはうけないので、こっそり消える予感もひめつつです。
なんだな_d0184326_14061937.jpg
中サイズ3兄弟。
キャラメルナッツ、よもぎくるみ黒豆きなこ、ブルーベリーくるみクリームチーズ。
木曜、ブルーベリーも出る予定です。ヨモギくるみはなしかな。
日曜は今のところ3兄弟を予定しています。
なんだな_d0184326_14074746.jpg
ということで、先週のバタバタが思いのほか身体にきているので、取り急ぎ。
ゴールデンは2日(木)だけお休みさせていただきます。
他は、のんびりやっていると思います。のんびりのぞいていただければ幸いです。
今週もよろしくお願いいたします。




by peroke | 2019-04-23 14:17 | 日々のこと | Trackback

ぷち死に

ぷち死に_d0184326_16455888.jpg
「先生、最近眠りにくいんですよね。眠りは浅いしヘンな夢ばかりみるし」
「うん。まずは玉ねぎ。玉ねぎを切って、枕元に置いてね」
「・・・」
「うん。睡眠薬だす?」

漫画「動物のお医者さん」で、主人公犬チョビの具合を見ての第一声が「玉ねぎ中毒」で、周囲の人間すべてに不信のまなざしを向けられていた漆原教授っていたよね。
なんて思いながら、割とフランクに睡眠薬をいただきました。へー。

強制的に起きてダルクなったりしないだろうか。と思って聞いてみたけれど。
「ないない。ぐっすり安眠。大丈夫」と、テキトー感たっぷりに太鼓判を押されて飲んでみました。

全然大丈夫ですね。へー。
別に昏倒する感じでもなく、飲んでから電話があっても普通に30分くらい話してたし。目覚ましで起きて、普通に動けるし。
ただ、寝ている間が暗い。

生の期間を俯瞰で見れば、友禅流しみたいなものかな。と言うと美しすぎるかな。
ゆらゆらゆらゆら川の流れ、時の流れの中でゆらゆらゆらゆらゆら、時々の色彩と模様を描きながら、ゆらゆらゆらゆら伸びていく友禅または生。

それが、ブツリと切られた時間。色のない時間ができてしまうのが少し気持ち悪い。自我がないのが気持ち悪い。
眠っている時にも感じる自分のリズム、脈動がなく、あっ。死んだ。プチ死んだ。

そんなプチ死にを体感できる睡眠薬。ほどほどに便利に使わせていただきたい所存。


あと、三重県美で今週末までの「日本画大研究展」よかったです。
地味なテーマですが、おもしろく工夫してくれている。
三重県美いいですよね。いい企画展が多くて助かる。

そして何より曽我蕭白の所蔵点数が多くて助かる。
目がね、ヤバくて。目と末端を描き込みすぎてて、どうかしてる。どうかしているを堪能。

そんなこんなで、どーでもいい話。
パンと買い出しの話は別途続きます。




by peroke | 2018-10-10 21:16 | 日々のこと | Trackback

雨_d0184326_23271086.jpg
台風ウルサイ。眠れない。
ビール飲みすぎて亜鉛不足。食べ物がオイシクナイ。

不謹慎狩りが跋扈する昨今ですが、眠れないので”BOOM BOOM SATELLITES”を聴きながら不謹慎な話を一つ。

美しい文章は多々あれど、最も美しいのは追悼文だと思うのです。
小林英雄の追悼文を集めた本、美しかった。タイトルも忘れたし、手元にもないけれど。

「10月9日早朝、5時12分。大雨の降る中、まるで歌い出すかのごとく大きくブレスをとり、川島道行は永遠の眠りにつきました。」

「日本人には珍しい根からの明るさをもった女優」と大竹さんが言っていた須藤理彩さんの言葉。
BOOM BOOM SATELLITESの川島さんが亡くなった時の言葉。
情景が沁みるように入る。
BOOM BOOM SATELLITES、かっこいいですよね。好きです。

今、この大雨の中、亡くなっている命も確実にあるのだな。とビールを飲みながら思ったりしています。




by peroke | 2018-08-24 00:09 | 日々のこと | Trackback

ゾンビ

ゾンビ_d0184326_20382094.jpg
台風ですね。うるさくて眠れません。

秋からの営業ですが、9月は土日営業で、10月から木・土・日営業にしようかと。
今のところ思っています。
ムカデの日をピークに復調中。
ゾンビ_d0184326_20440664.jpg
木曜は別メニューにしたいのですが。
休み前半完全にゾンビ化していたので試作ができていません。
健康酵母お菓子を焼いてみたいなと思っています。

酵母で膨らませたカロリー控えめ健康お菓子。
とりあえず卵なしのマフィンを焼いてみました。
酵母液の甘味のせいか、粗糖は控えめでも意外に甘い。
もう少しふんわりさせたいので、やはり2次発酵はキッチリとるべきなのか?どうか?
酵母お菓子のテキストが余りないので、試行錯誤で時間がかかりそうです。
でもこれ、栗入れたりかぼちゃ入れたりブルーベリー入れたり、楽しそうですね。

写真後ろはフルーツバー。シリアルバーもいいよね。
フルーツバーはフルーツの甘味だけで粗糖なし。もちろん卵・乳製品もフリー。
おいしくってバリバリ食べましたが、食感が全然ダメ。

医食同源がガッツリ身に染みたので、健康オタク的なメニューを考えています。
ゾンビ_d0184326_20520571.jpg
あと、特大パンを焼きたいな。
大きなパンのご依頼をいただいたのですが、大変申し訳ないことに全然ダメで。すいません。
でも、内層はよかったんですよね。
大きく焼くとクラムがもっちりしっとりふんわりで格段においしい。で、外はバリバリ。

他、ライ麦パンをもっとおいしくしたいとか。フランスパン生地なんとかしたいとか。
思うところだけはいろいろありますが、なんせナマケモノなので。
木曜は試作を含めてユルユルと営業できたらいいなと。
今のところは思っています。
ゾンビ_d0184326_21003185.jpg
そして年間ルーティーンのシュトーレン用フルーツを漬け込みました。
酒が高い。見えないところが高いシュトーレン。
でもこれ以上お酒のランクを落とすと、多分酒臭くなる。
禁断の原価計算をしまして、ウェーーーとなりまして。お値段少し上げさせてくださいませ。

そんなこんなで台風です。
雨の日は「何もしなくていいよ」と許可を得た日だと思っています。台風なんてなおさら。
パン教室もキャンセルになったので、長編の小説を読み切ったりしました。
辻村深月さんの物語はファンタジーですね。
絶対あるはずないけれど、あったらいいなと思える優しい世界でした。
すごいね作家さん。上下巻一気読みさせるチカラ。マジスゲー。

イヤ、マジごめん。贅沢な時間の使い方してゴメン。仕事がんばるから。
と、誰にともなく言い訳して。眠れない夜ですね。




by peroke | 2018-08-23 21:33 | 日々のこと | Trackback

エレファントカシマシ

エレファントカシマシ_d0184326_20272835.jpg
パン教室空き状況
・8月23日(木)大人2名(車1台OK)

前々日まで受け付けています。お気軽にご連絡くださいませ。

というこで、パソコンが壊れたり壊れたり壊れたりしています。
うん。短いスパンで壊れます。
中古パソコンは当たりはずれがあるので要注意ですね。
あと、保証期間の延長って大事ですね。

うん。OSがバージョンアップしたのでルーターやらアプリやら使えなくなりますよね。
買わなくちゃ。設定しなくちゃ。
流れる川のようにお札が流れていきます。時間も流れていきます。びっくりです。

とは言え、いいことがありました。
エレカシことエレファントカシマシのCDがいいお値段で売れましたよ。
CDやら本やら整理してBOOK OFF に持っていったら、1万円にもなりました。
へっ!?
と思って「何が高かったんですか?」と聞いたら「エレファントカシマシの古いCDが高いんです」と。
「エレカシ高いんですかっ!?へぇーーーーーー!!」と変な声が出ました。
100点持っていって1個10円で千円だね。と思っていたので、へぇーーーー。
さすがは宮本さんです。
今夜はデータ保存したエレカシ三昧の夜です。ありがとうエレカシ。いいルーターが買えました。

あぁでも今更ながら売らなきゃよかったなと思ったり、逆にケースがバリバリのCD捨てちゃったじゃん!ケース替えれば売れたのに!と思ったり。
自分の中の価値観がグラグラ揺れてしまうBOOK OFFでもありました。


。。。うん。YouTubeでMVを見だしました。
いいですね。音楽。若い子もベテランも。ジャスもクラシックも。
パソコンの設定が進まないまま眠いです。パン教室の準備も。酵母はただいま発酵中。




by peroke | 2018-08-20 21:54 | 日々のこと | Trackback

カメラを止めるな!

カメラを止めるな!_d0184326_21415723.jpg
噂の「カメラを止めるな!」観てきました。
最高。
元気でた。
身体の中でグルグル旋回していたムカデが完全に、スポッと左耳から出ました。
やる気でた。
老若男女皆最高な映画だと思うのでぜひ。
座席は後ろの方を指定した方がいいと思います。最後までみて。




by peroke | 2018-08-17 21:52 | 日々のこと | Trackback

ムカデ

ムカデ_d0184326_23512187.jpg
左足先から入り込んだムカデが、左膝あたりでグルグル旋回し噛み散らかす。
左わき腹あたりまで進んでバッコンバッコン身体を叩きつけながら左肩にあがる。
ここでも思う存分噛み付いた後に左肘に入る。
左肘は居心地がいいらしく、グルグル回って眠ったりしながら左肩に戻る。
肩まであがったら「んーーーーーーーっ!」と伸びたくなったらしく、右肩まで身体を伸ばして各所噛み付いてみる。
そして、左耳のあたりまで進んで、今、耳痛い。
左耳痛いナウ。

左耳から出てくんないかな。このムカデ。と思っています。
思っていてもしょうがないので、お年頃に有効な「プラセンタ」なるものを一発打ってこようかと思っています。
美容にもいいらしいですよ。

痛いのはまぁ、痛くてイヤなのですが。
気力がなくなるのがしんどい。
試作も読書もご飯も作れない。
とりあえず寝とけ。とばかりに16時間くらい眠ったら少し復活。
16時間眠れるところが体力のある証拠とも言えます。
そして、16時間眠れる環境にありがとう。世のお母さん達にゴメンなさい。

気力がないとモノも考えられないのでマイッチング。
でも少し復活の兆しなので、酔っ払いながら千々に乱れながら考えています。
夏休み恒例、酔っ払いブログ続きます。




by peroke | 2018-08-15 23:53 | 日々のこと | Trackback
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

COBO pan

自家製酵母と国産小麦のパン屋です。

●営業 土
●時間 14:30頃~17:30頃
●住所 伊勢市船江4-24-7
●TEL 0596-28-5801
●mail cobocobo※cobopan.com
※を@に変えて下さい

●web http://www.cobopan.com

ブログパーツ

以前の記事

2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月

検索

ブログジャンル